大阪で起業するなら小規模な貸事務所!相場や候補地など借りる前に必要な情報まとめ

大阪で起業するとなったとき、小規模な貸事務所を探して会社の登記をしたいなど考えるケースがありますが、小規模な貸事務所といっても立地環境が良い場所となると家賃は高くなるでしょうし、貸事務所を契約するときには家賃の6カ月分や12か月分などの保証金が必要になるので企業側としてはなるべく家賃が安いところを選びたいなど考える企業経営者は多いといえます。
ただ、一口に大阪といっても場所をあまり気にしなければ家賃が安い小規模の貸事務所は多数存在しているので借りる前に相場や候補地など何を調べておくべきか知ることも大切です。

企業が最初に貸事務所を借りるときの費用とは?

企業側が不動産会社に対して支払うお金には何があるのか、これを知らないと借りようと思っても予算に合わないなどのケースもあるため必ず押さえておくべき部分です。
基本的には、前家賃1か月分と敷金もしくは保証金、それと仲介手数料です。
一般的な賃貸アパートなどでは礼金と呼ぶ費用が発生することが多いのですが、企業が利用する貸事務所などの場合は礼金が設定されていないことも少なくありません。
敷金もしくは保証金は、賃貸アパートでは部屋代の1~2か月分が相場になるのですが、企業が借りるような事務所となったときには部屋代の6ヶ月から1年分が相場で、家賃が20万円のときには120万円から240万円の費用が必要になることを覚えておきましょう。
これに加えて前家賃が1か月分と不動産会社の報酬でもある仲介手数料、これらが最初に支払う費用の内訳です。
小規模と聞くと初期費用も安く済むなどのイメージになりますが、それぞれの内訳を知ることでどのような費用が発生するのか、合計するとどのくらいの金額になるのかを知ることで予算を組むことができますし借りることができる範囲を絞り込むときにも有効になるのでどのような費用があるのか把握しておきましょう。

路線や駅などの候補地になるポイントを決める

大阪で起業することになったとき、誰もが利便性が良い場所や大阪の中でも人気エリアに拠点を構えたいなどのように考えるケースは多いといえましょう。
大阪は東京と同じくビジネス拠点として最適な場所ですが、一等地ともなると土地相場も高額になるので小規模の貸事務所といっても家賃が高くなりがちです。
起業したての頃は何かとお金が必要になるため固定費は極力抑えておきたい部分、その固定費の中でも高い割合になるのが家賃ですから、家賃が安い貸事務所を選ぶことがポイントになって来ます。
一等地は高額な家賃になるけれども、駅から少し離れた場所や急行や快速電車が停車しない駅などは家賃が比較的抑えられるので、このような場所を拠点にできるのか否かを自分自身や数名で会社を立ち上げるときには他のメンバーと相談することをおすすめします。
駅から離れると家賃は安くなるなど都市部もこのような傾向がありますが、地方などとは異なり駅から歩いて30分などのような場所は少ないためある程度歩いても良いと考える人などは少し離れた場所から探し始めると良いでしょう。
それと、毎月の家賃の設定も行っておけば不動産会社に貸事務所を探して貰うときなど役立ちます。

大阪の中で家賃が比較的安い地域とは?

大阪も大都会などからも、貸事務所の家賃は例え小規模でも高めで少しでも安い物件を見つけたいなどの理由で悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。
大阪と一口に言っても梅田などのような中心地ともなると人気エリアですから、毎月の固定費は数十万円から数百万などとても払うことができない金額になってしまうこともある、経営を行う中で固定費はなるべく少ない方が毎月のやりくりが上手く行くので多少不便な場所でも良いと考える人も多いといえます。
ここで重要なことは、当初一人で起業した場合でもビジネスが順調となり規模を大きくするときには人材の確保も必要、あまり不便な場所にオフィスを構えていると募集をしても人が集まらない可能性がある点です。
電車の本数が少ないとか路線バスの本数が少ないとか、大阪も広い地域ですから不便な場所はあるけれども、ビジネスの拠点として考える範囲内であればこのような地域は少ないですし、毎月の支払い可能な家賃を明確にしておくこととオフィスを構えたい候補地をいくつか考えておく、これらの情報を不動産会社に伝えておくことで希望通りもしくは希望に使い物件を探して貰うことができますので、これらを整理しておくことをおすすめします。

まとめ

東京と同じで大阪はビジネスの拠点として人気がある場所、このような場所で起業することは仕事をする上でのテンションも上がって来るのではないでしょうか。
しかし、人気エリアというのは家賃が高いのでそれが支払えるのか否かが不安だと考える企業担当者も多いことでしょう。
大阪で小規模の貸事務所を借りるとき、毎月の支払い可能な家賃を設定すること、駅からの距離などの条件を明確にすること、候補地を幾つか選びその情報を不動産会社に伝えるなどの流れで行います。
さらに、初期費用がどのくらいかかるのか把握することも必要不可欠です。